kokintablog

EDM好きなエンジニアのブログです

一流のスポーツ選手ってどんな人??

 

最強の選手・チームを育てるスポーツメンタルコーチング

最強の選手・チームを育てるスポーツメンタルコーチング

 

 

 

1流選手と1流になれない選手の違いを

 

1流選手はなぜ成功したのかを詳しく調べてみました。

 

そうすると面白いことがわかりました。

 

たとえば、

 

1流選手ほど、大きな夢を持ち、その夢を

 

達成するためのプランを立て、そのプランを実行し、夢を達成するための努力をしているのですね。

 

つまり、自分のやりたいことややるべきことを理解して毎日の練習や生活を過ごしていたのです。

 

このことは、自分自身で「やる気を高める」ことができていることになり、

 

他の選手と同じ3時間の練習(勉強・仕事)が、やる気のある、目標やプランを持った

 

「質の高い練習(勉強・仕事)」になっていたのです。

 

もっと詳しく言えば、スポーツ選手が引退したあとのこと(キャリアトランジション)、

 

また長期目標・中期目標・短期目標さらに現実的で達成可能な目標などを設定し、

 

その目標を達成するためのプラン(プロセス目標)をも設定し、

 

それを実行する。また練習日誌をつけ、今日の練習の反省や修正をし、

 

明日はこうすればもっとうまくなるということをやります。

 

この一連の目標設定は、やる気を高めるトレーニングの一環として位置づけ、

 

自分のやるべきことややりたいことの優先順位を決定することに効果的です。

 

試合になればほとんどの選手が緊張やプレッシャーを感じます。

 

 

スポーツ選手の栄養学と食事プログラム

スポーツ選手の栄養学と食事プログラム

 

 

1流選手は、自分の気持ちをコントロールし、緊張やプレッシャーを味方につける方法を知っていました。

 

つまり、一流選手が多く用いるプレッシャーを味方にする方法をトレーニングとして行うのです。

 

これも大舞台で力を発揮するための準備という考え方です。

 

1流選手ほど、練習や試合に対する心の準備として、イメージを活用して、より鮮明でリアルなイメージトレーニング

をしていたのです。

つまり、スポーツのみならず受験や仕事などでの成功の可能性を高める準備をしているということです。

 

1流選手は、試合の大事な場面での集中力の高め方を知っています。

 

また、練習においても集中してトレーニングをすることができるために

 

「質の高い・中味の濃い練習」をすることができます。

 

つまり、人よりうまくなるコツ、人より試合でいいプレーやいい結果を出すコツを知っているわけです。

 

また受験勉強や仕事で集中すれば、質の高いいい勉強や労働(仕事)ができると思いませんか?

 

1流選手ほど、「素直だ」という話しを良く聞きます。

 

これは、彼らが「プラス思考(ポジティブシンキング)」であるために、コーチや人の言うことを良く聞き、

 

それをアドバイスにして、自分をより高めていることを意味します。

 

受験で成功する人や仕事のできる人など、

 

世の中で成功する人は、

 

何事も物事をプラス思考で考えるために、素直に人の言葉に耳を傾け、

 

に立つ情報を集め、それをうまく活用していると考えられます。

 

つまり、できない理由を考えるより、

 

できる理由を捜すほうが前向きだということですね。

 

 

 

広告を非表示にする