kokintablog

音楽フェス好きなエンジニアのブログです。

京都音楽博覧会くるりのライブに行ってきました。

 

 

 

くるりの野外ライブにこきんたは行ってきました。

朝から雨がずっと降っていて、京都駅に着いて

既にライブ参戦前の人だと思われるミスチルのライブTシャツの女の子達がいっぱいいました。

くるりの音博も初めてで、事前にネットで調べて迷わず無事会場入り!!!

自分はカッパとかばんは防水でしたが靴だけ無防備で雨に濡れてしまいました。

野外では、ぬかるみがたくさんあるんですね。

僕みたいな残念なことにならないためにもサンダルか長靴履いていったほうがいいですね。

持ち物とか事前に準備するんですが、普段履いてる靴でした(笑)

当たり前なんですけど、うっかりミスしてしまいました。

曲が始まると昼なのですが、しんみりとしたくるりの曲が始まって、

東京の曲がすごく好きだったので

良かったです。

僕は序盤から満足してました。

 

 


ただ雨は強くなってきて、こきんたの雨男の本領発揮です。

Tété  テテさんはお客さんの手拍子に合わせて歌ってくれて、ライブ感を楽しめました。

雨の中で聴くお客さんのアーティストの配慮されてて、うれしかったです。

矢野顕子さんが2時ぐらいに出演されました。

歌いながら会話してる姿が面白かったです。

全部ソロで伊勢丹の歌?とひとつだけの曲が耳に残りました。

雨の中で聴いてたんですが、すごく心が落ち着きました。

そして、遂にお待ちかねのミスチルです。

シングルばかり歌ってこきんたは興奮しながら、歌ってました。

こきんたはミスチル信者なので、大声で歌ってました。

周りのお客さん、ごめんなさい。

tommorrow never knows と 名もなき歌は生で聴けたことがなかったの感激でした。

キャンデーとsignはさすがに静かに聴いてました。

雨の都合で、シーラカンスしか聴けませんでしたがめったに聴けない曲だった気がしたので

大満足とはいきませんが、記憶に残るライブでした。

またミスチルライブにまた行きたいですね。

初野外が雨でしたけど、行ってよかったと思えるライブだったので満足です。

来年も参戦したいですね(笑)

 

 

REFLECTION{Drip}通常盤

REFLECTION{Drip}通常盤

 
Mr.Children 1992-1995

Mr.Children 1992-1995

 

 

広告を非表示にする